2011年03月29日

いざ南三陸町へ…

今朝の山形新聞です
南三陸町の被災者受け入れの最終的な調整を行うために町長が現地へ向かいました

7時に役場(`Д´)/<集合!!!λλλ.....
だそうです!


受け入れに際して 衣類や布団などの生活用品をそろえ食事を提供していくということ
小中学生については町内の学校へ一時的に編入することも考えているようでした

仮設住宅ができて被災者の落ち着き先が決まるまで
長期的にきちんと受け入れていくつもりだそうです。

避難された方々に庄内町にきてよかったって
言ってもらえるようにできるだけのことをしていくつもりなんだと感じました^^


昨夜、今回の三陸町行きに同行する記者さんが泊まられました。

庄内町のこの頑張りと思いやりの心を全国に発信してほしいなぁーー!!!

と願ってやみません(^O^)/

そしたら町民だって俄然やる気をだして協力していくような気がするんですよ…

その記者さんは南のほうの出身らしく自分の意見はしっかりと伝える教育を受けたそう
だからこの状況で暴動やケンカがおきないことが信じられないっておっしゃっていました


でもねぇー
このあたりでは思ったことをストレートに伝えて揉め事をおこすよりは
自分の気持ちをちょいとおさえる文化とか教育が昔から各家庭にあったから

って話したら
すごく驚いてました。

困った時はお互い様、思いやりの文化が東北をつくってきたのかも知れませんね…

あまりに当たり前のことだから
ここにばっかりいるとわからないんだけれども…
  


Posted by かみちゃん at 10:07Comments(8)日記