2012年02月16日

出羽ノ雪


大山にある出羽ノ雪さんに行ってきました

大山には四つの酒蔵があり新酒祭を終えたばかりだからか・・・ なごりも感じられました

社長さんの渡會さん直々に丁寧なご説明を頂き感謝しています

最近いろいろな酒蔵さんを見学する中で

本当に個性というか
特色があるのだなぁ〜
と思い酒造りの奥深さを感じています


渡會さんといえば
和田来というお酒を以前より頂いていて

すっきりして
洗練されたお味がお好みのお客様にオススメすると喜んで頂いていたんですよねぇーー

このようなお酒ができる理由を今回発見できました☆彡

とにかく社長さんの仕事に無駄がない!

専門的なお話が多くて素人の私には難しい部分もありましたが

酵母の種類、使うお米の個性、発酵段階においての温度や時間の管理

丁寧に教えて頂くなかで

精密な計算の上に成り立つ酒造りというものが見えまして
酒造りの違う意味での奥深さを教えて頂きました


理系の方の造られる酒ってこんな感じなんだと思いますよ(^O^)


帰りの車中
社長さんが某有名大出身と聞いて妙に納得できました


1801とK1の酵母が醸し出す甘いメロンのような香り…

きっと嫌いな人いないと思いますよ〜♪

私はタンクに顔をつっこみ過ぎ むせました・・・ムホホっ


続く・・・ 次回は古酒について・・・

  


Posted by かみちゃん at 10:40Comments(6)日記